り📚書評家による小説のすゝめ

若手書評家、アートカルチャー系ライターをしています。り📚です。元書店員。独自書評や買った本の話、美術館や観劇の記録などをつけていきます。併設趣味ブログhttps://culture76.hateblo.jp/

雑記 / 「カドブン夏推し」2023書店員おすすめを紹介!

『り📚書店員による小説のすすめ』

こんにちは。り📚書店員です。

いかがお過ごしですか?

本日は本好きの夏休みメイン行事「書店夏文庫企画」の第3弾として、「カドブン夏推し」2023の書店員おすすめを紹介します。

「カドブン夏推し」2023について、概要や特典の応募の仕方、 対象書籍の中から「書店員わたしのおすすめ」を公開していきます。

 

角川書店KADOKAWAの企画する「カドブン夏推し」のみ、他の2社とは参加の仕方が大きく異なります。

ぜひお見逃しなくチェックをお願いします。

kadobun.jp

「カドブン夏推し」概要

「カドブン夏推し」 書店店頭で配布されている冊子「カドブン夏推し」2023に掲載されている書籍が対象です。

 

本屋さんでは、「カドブン夏推し」 と書かれた黄緑色の帯が巻かれていますので、そちらも併せてチェックしてみてください。

多くの本屋さんでは夏の間、「カドブン夏推し」コーナーが設置されていると思います。

こちらが角川書店さんKADOKAWAの文庫フェア「カドブン夏推し」 の対象書籍です!

「カドブン夏推し」では対象書籍を買った後に、ご自身でキャンペーンに応募していただく必要があります。

ここが「新潮文庫の100冊」や「ナツイチ」と異なる点ですね。

 

「カドブン夏推し」応募方法

「カドブン夏推し」の応募方法は2種類あります。

①「カドブン夏推し」対象書籍の帯についている応募券を切りとってハガキで送る

②角川アプリから応募をする

 

このふたつです。

 

どちらかの方法で、「カドブン夏推し」抽選に参加することができます。

 

「カドブン夏推し」もらえる特典

「カドブン夏推し」でもらうことができる豪華景品としては

 

・角川文庫オリジナルブックポーチ

・カドイカさんオリジナル扇子

・図書カードNEXT3000円分

・角川文庫ブレンドコーヒードリップパックセット15包入り(こちらは「カドブン夏推し」限定です!)

 

が用意されています。

その上も応募券1枚で応募することが可能です。

 

なお、どの「カドブン夏推し」2023景品に応募したいかは、ご自身で選んでいただくことができます。

「カドブン夏推し」応募期限

ここで「カドブン夏推し」について注意点があります。

応募券の郵送もしくはアプリからの応募、どちらも応募の期限が設けられています。

応募券をハガキで郵送する場合

・・・応募締め切り2023年9月30日(土)当日消印有効

 

アプリで応募する場合

・・・購入したレシートの日付から1週間以内に投稿必須

 

と定められています。

「カドブン夏推し」2023 の豪華商品抽選の対象外となってしまわないように、応募締め切りをきちんと確認しましょう。

「カドブン夏推し」2023わたしのおすすめをご紹介

今年2023年の「カドブン夏推し」の冊子の中から、わたしの既読おすすめ小説をご紹介したいと思います。

 

すべてもちろん「カドブン夏推し」フェアの対象。

「カドブン夏推し」2023豪華賞品の抽選権をもらえる書籍たちです。

 

ぜひチェックをお願いします!

『この本を盗む者は』深緑野分さん著

『この本を盗むものは』は過去本屋大賞のノミネート作です。

とてもかわいらしい表紙になって2023年、文庫として生まれ変わりました。

 

ある日盗難被害にあったことで本の呪いが発動し、街は物語の世界に姿を変えてしまった。

物語のなかの「世界の大きさ」と、「その世界に呑まれてしまう恐ろしさ」を同時に書き表した小説です。

 

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』村田沙耶香さん著

芥川賞作家、村田沙耶香さんの脳内を覗き込むことができるような衝撃的短編集です。

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』では常識を覆すような新鋭4編を収録しています。

 

「自身は魔法少女である」というライフハックを持ち、魔法少女に変身しながら何とか毎日を乗り切っている30代後半の主人公。

楽観的なのか、悲痛な現実に限りなく免疫がないのか。

 

その心理は見極めることが困難なほどに深いです。

 

『チョコレートコスモス』恩田陸さん著

上演芸術におそらくとても造詣の深い作家・恩田陸さん。

今回は舞台俳優、舞台女優たちを書き表した演劇ロマンでわたしたち読者を楽しませてくれます。

 

才能豊かな若い女優たちふたりは、エネルギーたっぷりにオーディションに挑戦します。

たった1回の本番にすべてを賭けるドキドキと、夢に向かって進んでいく胸のときめきを感じさせてくれました。

 

『さいはての彼女』原田マハさん著

グルメ小説と旅行小説を得意とする作家・原田マハさん。

今作『さいはての彼女』では、呆然としたままの主人公が1人旅に出かけることになります。

 

自暴自棄な一人旅で見聞きするもの、口にするもの、出会う人は、そうそう計り知れない豊かさです。

若いながらに起業成功させポテンシャに満ちている女性主人公が、それでも壁にぶつかっている様を見て、なんだか複雑な気持ちになりました

 

『レインツリーの国』有川ひろさん著(有川浩さん)

ぜひ「図書館戦争シリーズ」と併せて読んでいただきたい小説です。

 

「ある本」に惹かれたことをきっかけに、「レインツリーの国」というこのブログにたどり着いた主人公。

そのブログ管理人にいつしか恋をしてしまう様子です。

オンラインで交わしている会話だけでは、どうしても見えない本質や困難。

実際に目にしてみたことで、主人公の恋の相手も手に届くような距離の人となりました。

 

じつは「図書館戦争シリーズ」の第1巻『図書館戦争』もまた「カドブン夏推し」2023フェアの対象書籍です。

ぜひ、併せてお楽しみ下さい。

 

『エミリの小さな包丁』森沢明夫さん著

[rakuten:book:19604703:detail]

疲れてしまっているときに。

苦手なものからの回避行動に走っているときに。

ぜひこの小説『エミリの小さな包丁』を読んでいただきたいと思います。

 

居場所がなく、仕事がなく、自分には未来がないような気がした時。

きちんとごはん、食べられていますか?

 

自暴自棄な主人公・エミリを温めてくれるのは、グルメ料理の達人であるおじいちゃんとの2人暮らしでした。

終わりに📚

今回は角川書店さんKADOKAWAの夏の文庫フェア「カドブン夏推し」2023 についての概要、特典、わたしのおすすめ対象書籍についてのお話でした。

kadobun.jp

いかがでしたでしょうか。

 

各社の文化フェアについて、このような記事も書いています。

ぜひ併せてお楽しみいただけますと嬉しいです!

books76.hatenablog.com

books76.hatenablog.com

books76.hatenablog.com

今日のブログはここまでにしようと思います。

日々たくさんの方に読んでいただけているようで、アクセス解析を見るのがとても楽しいです。

 

とても嬉しいです。どうもありがとうございます!

 始まって間もない小さなブログですが、どうぞよろしくお願いいたします。

instagramとtwitterもやっています。

ぜひフォローやいいねをしていただけたら嬉しいです! 

https://www.instagram.com/books.tea.76/

https://twitter.com/books_76

 

以上、り📚書店員でした~!

 

 

読者のあなたへ、Kindle📚を30日間無料体験のプレゼント

↓ ↓ ↓

www.amazon.co.jp